BAR Friend

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2006年 Anonymous kobe Presents PANDALION@Friend スタート!!

20060121174211.jpg

昨夜今年初のパンダライオンが開催しました♪

今回からフード(スープカレー&豚汁&ジャークチキン)を出すことになり、ちょっとした縁日感覚。

まずTRODANから。近藤進太郎さんの「始まるよ。ライヴが始まるよ~ぅ」と独自のワールドからスタート^^ のっけから楽しさが期待されました♪ レゲエナンバーを中心に。以前来て頂いた時に思ったのですが、ボブ・マーリーの声にそっくり。そしてそう言われる事が多いらしく、『No Woman No Cry』を歌ってくれました^^ 個人的に『The Judgment His Come』で持ってかれましたね。この歌は<あまり機械に頼り過ぎるといつかジャッジされる時が来るよ>と歌っている歌。近藤さんがカッコよかった。

途中少し休憩が入り、続いてLinaの登場♪

実はこのパンダライオンを一緒に行うきっかけとなったアーティストがLinaさんだったのです。
「きっとここでLinaさんの演奏をすると素敵だろうな是非やらせてください」という声を頂いて、曲を聴かせて頂いて即お願いします!となり、今回ようやくスケジュールが合い、やっと実現となりました。
生の歌声はやはりほっこりとかんなりいい感じ♪
今回さらに押尾コータロー氏とユニットを組まれていたりするパーカッションの山村誠一さんに急遽来て頂ける事になり、スペシャルバージョンでお届け。森の中バージョンあり、海の中バージョンありで非常に楽しく温かく和やかムードの中みなさん大満足していられていて帰り際、お礼の言葉をもらったりして自分自身が一番大満足させてもらえました。
近藤さん、辻さん、Linaさん、山村さん、三重からわざわざ来て頂いたPAのYAMA-CHANGさん、たくさん来て頂いたお客さんみなさん、そしてAnonymousの白神君。本当にありがとうございました!!

また機会を重ねてさらに充実させて、大人のいい遊び場として展開してまいりますので、今後ともよろしくお願い致します^^


  1. 2006/01/09(月) 03:19:07|
  2. EVENT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A HAPPY NEW YEAR!

明けましておめでとうございます!

本日より、2006年度の営業を開始致しました!

今年、さらにご満足して頂けるようより一層成長していく想いであります!

ライヴイベント・クラブイベントなどもより積極的に行い、また地域貢献を行いNINOMIYA発展?に繋がるよう努力していくつもりでいますので、どうぞ今年も宜しくお願い致します。
  1. 2006/01/03(火) 22:17:56|
  2. DIARY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイヴライヴ!

明日24日店内にてゴスペルゲリラライヴを行います。

素敵なクリスマスソングを聴きながらごゆっくりとお過ごし下さい♪
  1. 2005/12/23(金) 03:06:34|
  2. EVENT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE BLUES POWER with SAKURA Live@チキンジョージ

先月PANDALIONにてTica Liveを行った際、シンガーのSAKURAさんがお客様として遊びにいらして以来、必ずライヴに行こうと決めていたのですがなかなか行ける機会がなく、今日は近くのチキンジョージにてTHE BLUES POWERのライヴに約30分程ゲスト出演されるという事で行ってきました。


THE BLUES POWERはg&vo、g、b、drsの4人編成でそれぞれのスペシャリストが集まったブルースバンド。
実はブルースを生で聴くのは初めての経験でしたが自然と体が動き出す。ソウルフルな歌声はもちろんで、特に気になったのはドラム。スペシャリスト達の素晴らしさをまとめるドラムがしっかりしている為、音にメリハリがあり、自然と惹きつけられました。そして圧巻だったのが、技術はその道の人間ではないので細かい所は解らないにしても会場の皆がシビレまくった凄まじいドラムソロ♪思わず身を乗り出してしまいました。その時に教えていただいたのですが、日本で最も忙しいドラマーの3人の内の1人、沼澤尚さんという方でした。大変貴重なものを見れた気分^^


その後いよいよお目当てのSAKURAさんが合流。あの小さな体のどこからそんなパワーがあるのかと不思議に思ってしまうほどの圧倒感。それまでの会場の空気とまた違ったいい空気感が生まれ、なぜか自然と笑顔^-^周りの皆も同じように笑顔^-^
そのあと女の子のお友達3人とうちでお酒とお食事に来ていただいて普通の女の子の一面も見れて不思議^^そんな飾りっ気ない自然を愛する自然な方だからまた魅力的に感じるのでしょうね。


また今回アーティストがセンターで輪を描いて演奏するスタイルもすごく良かったように思う。観客が周りをぐるりと囲む格好で、ものすごい一体感を感じとても雰囲気が良かったです^^
もうじき改装工事が入り新しくチキンジョージは生まれ変わるようですが、少し寂しさと更なる期待感を感じながら改装前最後にこんなにいいライヴに居れた事を幸せに思いました


やっぱり人を魅了するライヴは、元気がない時・心が小さくなってしまってる時、例え疲れててもいや疲れているからこそ行くべき!

エナジーを頂いて、心がほっこり温まった感じ。

深夜雨がとうとう雪に変わりました。



  1. 2005/12/22(木) 02:37:17|
  2. NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CAFE

カフェラテとカフェオレの違い。

もうすでに多くの方がその違いをご存知かと思いますが....。

どちらもコーヒー+ミルクの意味。
カフェラテはイタリア語で、エスプレッソにミルクを加えたもの。
カフェオレはフランス語で、ドリップコーヒーにミルクを加えたもの。

お店によって多少出し方に違いがありますが。

カフェラテはヨーロッパ式とシアトル式があり、ミルクを温める際にその違いがあります。ミルクを温める時に極め細やかな泡を作り、液体状と泡状のミルクを混ぜ合わせトロ~リとしたミルクをエスプレッソに注ぎ込む作り方がヨーロッパ式。ミルクでかわいい絵を描かれたのをよく見かけるものがそれです。

そして極め細やかな泡と温まった液体状のミルクを混ぜ合わせず、まずエスプレッソにさらさらの液体ミルクだけを注ぎ、僅かに出来たトロ~リミルクを注ぎ、その上に極め細かな泡を乗せる。まるでカップから入道雲が出ているかのようにモコモコ。まず泡だけを楽しむも善し、混ぜて楽しむも善し。こちらがシアトル式の作り方。

BAR Friendでは
カフェオレをヨーロッパ式。
カフェラテをシアトル式でお出し致しております。
違いを楽しんでみてね♪
  1. 2005/12/16(金) 04:58:05|
  2. CAFE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

barfriend

Author:barfriend
木の温もりを大切にくつろぎながら過ごせる神戸二宮のカフェバー

営業時間
月~土 11:00 - 3:00
日・祝 11:00 - 0:00
Lunch Time 11:30 - 14:30
*しばらくの間平日の15:00~18:00までクローズ致しています。

不定休

神戸市中央区琴ノ緒町4-7-6
富岡ビル1F
tel 078-251-5118

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。